お宮参り

お宮参り『かっこいい映えパパ』の服装!ネクタイ選びからマナーまで

お宮参りにパパはどのような服装をすればいいのでしょうか?何を着て行っていいのか悩みますよね。最近のお宮参りはフォーマルなスーツで参拝するのが主流となっています。

赤ちゃんが大きくなってアルバムを見返した時に、子供から「カッコいいパパ」と言われたらきっと嬉しいですよね。

ここでは、『かっこいい映えてるパパ』の服装選びやマナーについてご紹介します。

この記事でわかる事

  • お宮参りの服装選びのマナー
  • 『カッコいい映えパパ』の服装選び
  • 『カッコいい映えパパ』のネクタイ選び
  • 『カッコいい映えパパ』になるポイント

について解説します。

お宮参りの服装選びのマナー

お宮参りの服装は基本的に自由です。お宮参りには必ず正装でいかなければならないという決まりはありませんが、気を付けたいポイントがいくつかあります。
基本的なマナーをまずはチェックしておきましょう!

【赤ちゃんの服装の格に揃える】

お宮参りの主役は「赤ちゃん」です!赤ちゃんの服装によって家族の服装も『格』に揃えます。

赤ちゃんが正式な祝い着を着るなら、家族の服装も赤ちゃんに準じた装いに合わせます。全員が準礼装、全員が略礼装、全員が普段着なのかをあらかじめ家族と相談してと服装を統一するようにしましょう。

お宮参りの服装を選ぶ時には、全体的なバランスを意識することを心がけましょう。

【ママや祖母の服装よりも派手になりすぎない】

パパの服装選びには、ママや祖母の服装よりも派手になりすぎないように気をつける必要があります。

柄が入ったスーツやシャツ、ネクタイなど、ママよりも目立ってしまうようなコーディネートは避けたほうが良いでしょう。

【カジュアルな格好や肌の露出は控える】

カジュアル過ぎる格好や私服で参拝するのは好ましくないでしょう。

ハーフパンツ,Tシャツなどの格好はカジュアル過ぎますよね。お宮参りのマナーとして最低限、ジャケットに長ズボンを着用するようにしましょう。

『カッコいい映えパパ』の服装選び

最近のお宮参りでのパパの服装は、フォーマルスーツ(礼服)が一般的です。

赤ちゃんの服装の格に揃えて、パパの服装選びをしましょう。

赤ちゃんが和装を着る場合

赤ちゃんが正式な祝い着(白羽二重+祝い着)を着る場合のパパの服装は、ブラックスーツ(略礼服)を着るのが一般的です。ブラックスーツは礼服の略礼服のことです。

ここ最近ではママが和装でも、パパが和装を着ることは減っており、スーツを着ることが増えています。

ブラックスーツ(略礼服) ♦︎シャツは「白」

♦︎ネクタイは「ホワイト」、「シルバー」や「シャンパンゴールド」などの祝事用

♦︎靴は「黒」で紐にのついた革靴

赤ちゃんが洋装を着る場合

赤ちゃんがベビードレスを着る場合は、ダークスーツ(略礼服)が一般的です。

ダークスーツ(略礼服)は、無地の「ダークネイビー」や「チャコールグレー」、「黒」といった暗めで落ち着いた色味のものを選びましょう。

レモン
レモン
赤ちゃんの衣装に合わせて色味を決めてもOK!
ダークスーツ(略礼服) ♦︎シャツは「白」・「ブルー」・「グレー」の無地

♦︎ネクタイは「ブルー」・「ピンク」・「イエロー」など華やかなパステルカラー

♦︎靴は「黒」で紐にのついた革靴

ひつじさん
ひつじさん
ダークスーツ で明るめのグレーはお宮参りに相応しくありません。同じグレーでも白よりに近いグレーは控えましょう。
ビジネススーツで参加してもOK?

主役である「赤ちゃん」の服装の格に揃える必要があるので、パパの服装もビジネススーツではなく正式なフォーマルスーツ(礼服)が好ましいでしょう。

しかし、お宮参りの服装は基本的に自由なのでビジネススーツがダメだという決まりはありません。近年では、ビジネススーツで参加しているパパも見かけます。

黒のビジネススーツをおすすめしない理由は、黒のフォーマルスーツ(略礼服)と比較すると黒の色が薄く見えます。パッと見た感じではわからないものの、生地の光沢や質感などでその違いが分かるものです。

もしビジネススーツで行く場合は、なるべく無地で黒に近い色味のダークカラーのスーツを選ぶようにしましょう。

『カッコいい映えパパ』のネクタイ選び

ネクタイの種類を選ぶときは、パパが着ているスーツに合わせます。ネクタイ選びのポイントを抑えて、さりげないオシャレでカッコいいパパを演出しましょう。

スーツの種類に合わせる

【無地のブラックスーツ×ホワイト】

無地のブラックスーツのネクタイは「ホワイト」が定番です。

お宮参りはお祝い行事なのでホワイトの他に「シルバー」や「シャンパンゴールド」を選んでおけば間違いありません。

ホワイト 潔癖、平和、祝福、勝利
シルバー 上品な、知性、才能、協調性、高級
シャンパンゴールド 才能、成功、高級、豊かさ

明るいパステルカラーでお祝いを演出

【無地のダークグレースーツ×パステルカラー】

無地のダークグレースーツのネクタイは、「ブルー」・「ピンク」・「イエロー」など華やかなパステルカラーが似合います。迷った時は赤ちゃんの祝い着の色に合わせてネクタイの色を選ぶのもおすすめです。

淡いブルー 誠実や聡明、知的、爽やかな印象
ピンク 優しく温かい印象
イエロー ポジティブで明るい印象

【無地のダークネイビースーツ×パープル】

ネイビースーツに合わせるのであれば、「パープル」がおすすめ。人と被ることも少ない色なので、これからネクタイを新調する方におすすめしたい色でもあります。

パープル 優しく、エレガント、おおらか

ネクタイの色は「黒」色以外を選ぶ

「黒」のネクタイは弔事に使うものなので、お宮参りでは着用しないように気をつけましょう。

お宮参りではずさない3つのネクタイ柄

柄物のネクタイは胸元のワンポイントとなるのでおしゃれ感や華やかさが増し、お祝いの雰囲気が演出されておすすめです。

お宮参りではずさないオシャレなネクタイ柄「レジメンタル」「小紋柄」「ドット柄」を順にご紹介します。

「レジメンタル柄」×フレッシュで知的に

どんなスーツにも似合う「レジメンタル柄」のネクタイはお宮参りの服装でも人気です。この柄は、フレッシュで知的な印象を与えます。ストライプの幅が広いとカジュアルな印象になるのでお宮参りでは、幅の狭いものを選ぶようにするといいですね。

「小紋柄」×上品で誰からも好印象


上品で誰からも好印象を持たれる小紋柄。「小紋柄」とは日本の着物(和服)の柄に使用されている柄の1つです。クラシックで誠実な雰囲気を漂わせるおしゃれ上級者向けの柄になります。周囲とは一歩差がつくおしゃれ感を演出してくれます。

「ドット柄」×上品で存在感がある

爽やかな印象を与えてくれる柄でシンプルなのに上品で存在感がある「ドット柄」。ドット柄が大きいと個性的で存在感のある印象になるので上品でキレイな印象の小さめのドット柄を選びましょう。

ネクタイの柄を選ぶときの注意点は?

ネクタイの柄を選ぶときは、派手な柄のネクタイはお宮参りには適しません。

チェック柄や強いストライプ柄のネクタイは、カジュアルな印象になるので避けたほうが良いでしょう。またブランドのロゴのものやキャラクターものはとても目を引く柄なので注意しましょう。

『カッコいい映えパパ』になるポイントを紹介

スーツをかっこよく着こなすポイントをご紹介します。

正しいサイズ感のジャケットでスマートに


スーツ姿をカッコ良くみせるには、自分のサイズに合ったジャケットを選びましょう。

ジャケットの肩山と肩のトップの位置が合うサイズを選ぶことがポイントになります。またジャケットのボタンを閉めた状態で、ウエストに握りこぶしが1つ入るゆとりがあることを確認しましょう。

着丈 ヒップがちょうど隠れる長さバランスの取れた正しい着こなしになります。
袖口 腕をおろした状態で、ジャケットの袖口からシャツの袖口が1.0〜1.5cm出ることも確認。
肩巾 肩山と自分の肩のトップ位置がちょうど合っているのがジャストフィット。
ウエスト ボタンが無理なく留まり、余計なシワが出ていない状態がジャストサイズ。

正しいサイズ感のワイシャツで清潔感UP


ジャケット同様、ワイシャツも自分のサイズに合ったワイシャツを選ぶようにしましょう。

ワイシャツのサイズ感が合ってないと、とてもだらしなく見えてしまいます。正しく着こなすポイント4つを紹介します。

首回り ワイシャツの一番上のボタンを留めて、シャツと首の間に指2本分の隙間がジャストなサイズ感になります。
裄丈 ボタンを留め、腕をおろした状態で、手のくるぶし+1.5cm〜2.0cmの長さかどうかチェック。
肩幅 肩山と自分の肩のトップ位置がちょうど合っているのがジャストフィット。
着丈 ワイシャツのボタンを留めた状態で、パンツに半分かかる程度が目安になります。

パンツを着こなしてスタイルよくみせる


パンツ丈は、靴の甲に裾が触れる長さが目安になります。裾を余らせてしまうとだらしない印象になります。そうならないように、丈が長い場合はお直ししてもらうことをおすすめします。大体1週間程度で仕上がります。パンツウエストの位置はおへその少し下に合わせ、ウエストに手のひらが入るゆとりがあるものを選びましょう。

ウエスト おへそ下にパンツのウエストが当たる位置が目安になります。
裾丈 目安はシューズのアッパー部分にパンツの裾口が軽く触れる長さ。

ネクタイの長さを意識してセンスよくみせる


スーツに合わせるネクタイは、ラペル(下襟)の幅と同じ幅のものを意識してスタイリッシュみせましょう。

また、ベルトに大剣が少しかかる長さが最も美しく見えます。長すぎたり短すぎるとせっかくの装いも台無しになるので気をつけましょう。

革靴はスーツに合わせて全体をまとめる


お宮参りでは黒の「ストレートチップ」のデザインの紐靴を履きましょう。

格式の高いデザインなので、1足あれば間違いなしです。「足元を見られる」と言われるように、靴はあなたの品格を表します。手持ちのものであれば、靴磨きするなどして綺麗にしておきましょう。

Sponsored Links

リーズナブルで人気のスーツ専門店をご紹介

では、リーズナブルなフォーマルスーツ (礼服)が購入できる人気のスーツ専門店をご紹介します!

格安スーツの口コミランキングはこちら

【イトーヨーカドー】価格帯:10,000円~40,000円
■デザイン・サイズ・色展開も豊富なところも人気


西部そごうとイトーヨーカドーが共同開発したLIMITED EDITION×IYコラボは国内で縫製された上質な着心地のこだわりのスーツです。安い値段からは想像できないくらい、生地も縫製もしっかりしているところが特徴です。

【公式HP】フォーマルスーツ はこちら

【イオン】価格帯:10,000円~40,000円
■「トップバリュ」のスーツの特徴・魅力は「価格の安さ」

イオンのトップバリュのスーツは「価格の魅力」「サイズの豊富さ」「モデルの豊富さ」から愛用している人も多い。店舗だけでなく「オンラインストア」でも販売されているので、気軽に購入できるメリットもあります。

【公式HP】フォーマルスーツ はこちら

【スーツセレクト 】価格帯:18,000円~38,000円
■スタイリッシュなフォーマルスタイルを叶える。

スーツセレクトは10代~20代に人気のある若者向けスーツブランド。スーツは3つの価格帯(18,000円、28,000円、38,000円)から選ぶことができるようになっています。トレンドを取り入れた「シャープなシルエット」が持ち味で、カッコいい結婚式コーデ、スマートな冠婚葬祭スタイルを提案。

【公式HP】フォーマルスーツ はこちら

【AOKI】価格帯:20,000円~63,000円
■幅広いニーズに対応。

アオキは紳士服業界2位で知られる大手量販スーツブランド。痩せ型・若者向けの細身、太め体型・大人向けのゆったりめなど幅広いモデルがあり、着る男性に最適なフォーマルスーツを取り揃えています。またライフスタイルに合わせた着心地やビジネスからお出かけまで幅広く着られます。

【公式HP】フォーマルスーツ はこちら

【青山 】価格帯:29,000円~59,000円
■安定のスタンダードブランド。

洋服の青山は紳士服販売数「世界NO.1」を誇る最大手。各年代に合うシリーズ(コレクション)を展開しており、年齢層は10代~50代まで幅広い。オンラインストアでは店舗での取り置き依頼や試着予約サービス、電話で相談ができるコンシェルジュサービスなど、スムーズな購入をサポートしてくれます。安心して購入できます。

【公式HP】フォーマルスーツ はこちら

【スーツカンパニー価格帯:28,000円~48,000円
■価格以上に品質にもこだわっている

ザ・スーツカンパニーは青山商事が手がける若者向けスーツブランド。20代が似合う若々しいデザインだけでなく、生地や機能性にもこだわったフォーマルスーツを展開。価格はリーズナブル。品質に妥協することなく、確かな生地を使い、縫製もていねいに仕上げる。

【公式HP】フォーマルスーツ はこちら

【オンリー(ONLY)】価格帯:38,000円
■お手頃×20代後半・30代の新基準。幅広い世代に人気。

北海道から九州まで全国に60店舗以上を展開するオーダースーツ店・オンリー。リーズナブルな価格からオーダースーツを作れることで幅広い世代から支持を得ているお店。スーツは紳士的な雰囲気のデザインと生地品質の良さに定評。大人の正統派スーツが欲しい20代や、手頃ながら30代が似合うスーツが欲しい方におすすめ。

【公式HP】フォーマルスーツ はこちら

スーツ選びでは自分の体に合ったものを選ぶことが重要です。スーツの良し悪しは値段では決まりません。

低価格ながらも生地や縫製、デザインにもとことんこだわっているスーツ専門店はたくさんあり、予算も2〜3万円出せば品質の高いスーツを買うことができます。

最近ではネットからスーツを購入される方も増えてきていますが、もしフォーマルスーツ(礼服)の購入が初めてでしたら実際店舗で採寸してもらうことをおすすめします。

『カッコいい映えパパ』になるポイントまとめ

お宮参りの『カッコいい映えパパ』になるポイントをまとめたものをご紹介します。服装について以下のポイントを抑えておきましょう!

赤ちゃんの服装の格に揃えて服装選びをする。

お宮参りでのパパの服装は、フォーマルスーツ(礼服)がおすすめ。

ネクタイの種類を選ぶときは、パパが着ているスーツに合わせるとオシャレに。

・柄物のネクタイは胸元のワンポイントとなるのでオシャレ感や華やかさが増す。

・自分に合ったサイズ感のスーツ選びをして『かっこいい映えるパパ』を演出する。

【服装以外の映えポイント】

服装以外の『カッコいい映え』ポイントをいくつかご紹介します。以下のポイントに気をつけるとさらに映え感が増すのでおすすめです!

・ポーズや姿勢に気をつける
・ささやかな笑顔・すまし顔・目線外しでカッコよく映る
・髪型をオシャレヘアにする
・写真撮影のプロに頼んでカッコよく撮ってもらう

素敵な映えパパも是非参考にしてみてください!

 

この投稿をInstagramで見る Naoko(モーコ)(@naoko_10969_)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る 出張撮影のfotowa (フォトワ)👨‍👩‍👧📸(@fotowa.jp)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る yuri(@yuri61871)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る MADOKA -photographer-(@sugiyama_madoka)がシェアした投稿 –

最後に

お宮参りは子供の健やかな成長を願う大切な儀式です。服装やマナーをしっかり守って「お宮参り」を無事に成功させましょう。

お宮参りにふさわしいフォーマルスーツ を着こなし、ワンランク上の『かっこいい映えパパ』なって、素敵な記念写真をたくさん残してください。子供が大きくなったときに「かっこいいパパ」「イケてるパパ」「オシャレなパパ」と言ってもらえると嬉しいですね。

家族にとって思い出に残る「お宮参り」になりますように。