ニュース

コロナウイルスで台湾旅行のキャンセルはするべき?

世界で猛威を奮っている新型コロナウイルスには2月5日現在、アメリカで7人目の感染者、国内感染者14人が確認されています。

2月2日現在台湾の感染者はツアー旅行で台湾を訪れた70代の中国人女性2人含む11人

台湾は2月1日の深夜から、中国に住む人と、2週間以内に中国への渡航歴がある人入国が禁止されています。

2月5日の時点で中国の感染者数感染者は2万400人になり、死亡者数は420人に増えました。

レモン
レモン
まだまだ拡大されそう。

春休みに台湾旅行へ行かれる方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

台湾は入国対策についてはこのように述べています。

過去14日以内に中国での滞在歴がある人は、台湾での生活を制限され、14日間の健康管理が必要とされる。

引用元:http://japan.cna.com.tw/news/apol/202002040007.aspx

台湾空港でもコロナウイルス拡大の影響を抑えるべく、中国人観光客の入国禁止など滞在歴がある人は自宅待機が義務付けられました。

そんな中、

  • 台湾旅行はキャンセルするべきなのか?

について調査してみました。

コロナウイルスによる台湾旅行のキャンセルはするべき?

現在台湾ではコロナウイルスの感染者は2020年2月5日現在、台湾での感染者は11人確認されています。

日本国内では2月5日現在、14人の感染者が確認されました。

なので日本国内よりは少ない人数ですね。

台湾の外務省はこのように述べています。

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、台湾は過去14日以内に中国に滞在していた外国人の入国を7日から禁止する。外交部(外務省)が4日発表した。

台湾を訪問する特別な理由があり、感染状況が深刻な中国の地域を過去14日以内に訪れていない場合には、関連書類を提出すればビザの申請が可能。居留証をすでに取得している外国人で、過去14日以内に中国での滞在歴がある人は、台湾での生活を制限され、14日間の健康管理が必要とされる。

また、中央感染症指揮センターは4日、浙江省に住む中国人の入境禁止措置の実施を発表した。5日から施行される。コミュニティーレベルでの感染が疑われる地域とされる「二級流行地区」に、同省が新たに加えられた。これにより、過去14日以内に同省を訪れた台湾人には、帰国後14日間の自宅待機が義務付けられる。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200131/k10012268271000.html

2月4日、台湾は中国の浙江省に住む中国人の入境禁止を発表しました。

  • 外国人で、過去14日以内に中国での滞在歴がある人は14日間自宅待機
  • 同省に訪れた台湾人は14日間自宅待機

台湾でもコロナウイルス感染拡大を避ける対応がされています。

台湾の桃園国際空港では武漢からの便で入国する旅行者のみサーモグラフィーによる体

温の検査が開始されコロナウイルス感染の意識が強まっていますね。

新型コロナウイルスは、1月20日の発表で、中国政府の専門家は、人から人への感染例が確認されたことを明らかにしています。

なので多くの旅行客が行き交う空港は、保菌者との接近する可能性もあるかもしれません。

外務省の海外安全ホームページでは、国や地域別で、新型コロナウイルスの感染危険情報がみることができます。

台湾旅行へ行くのかキャンセルするか最終的な判断はご自身ですると思いますが、渡航の危険レベルを見ることができるので、判断基準になります。

今後もしっかりとニュースや外務省の海外安全ホームページで情報をこまめに確認してみてください。台湾へ行くのかキャンセルするべきなのかを状況を見ながら、旅行代金キャンセルが発生する直前まで考えて判断するのもいいかもですね。

今後も新型コロナウイルスによる最新情報は毎日ニュースで確認できると思いますので、こまめにチェックすることをおすすめします。

新型コロナウイルスによる台湾空港の対策は?

  台湾では、どのような空港対策が取られているか?

  • 台湾では中国の湖北省、広東省、浙江省温州市に居住の中国人については、台湾への入国を禁止しています。

台湾の桃園国際空港では、武漢からの便で入国する旅行者のみサーモグラフィーによ

る体温の検査が開始されています。

2月5日蔡英文(ツァイ・インウェン)総統はこう述べています。

中国本土に居住するすべての中国人の入境を6日から禁止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を阻止する。

台湾はすでに、多くの中国人の入境を事実上停止していたが、今回の禁止措置により制限を強化する。

引用元:https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/02/post-92325.php

コロナウイルス感染の流行の深刻さや、中台間の緊密なやり取りでこのような措置をとったようです。

各交通機関でも乗車中はマスクの着用が義務付けられていたり、トイレなどは毎日消毒をしたり、店舗での入店時に消毒や体温検査をする店舗が増えてきています。

レモン
レモン
台湾全体でコロナウイルス対策をしているようですね。

台湾の桃園国際空港での様子がTwitterで呟かれています。

コロナウイルスの影響が出ていて、観光客が少ないようですね。マスクも着用しています。

また台湾では偽ニュースが飛び交っており、ほとんどの情報がデマだったことがわかっています。

新型肺炎コロナウイルスの影響でタレントのインリンさんの息子の学校が20日間も休校になっているとブログで更新されていました。

インリン公式Amebaはこちら

台湾の学校でも影響が出ているようですね。

これからもニュースや政府の発表される情報から冷静に対応していきたいですね。

世界の航空大手が相次ぎ中国便の運航を中止しています。感染が拡大防止の為、政府の対応が日に日に厳しくなっています。次は自身でもできる予防策を紹介します。

Sponsored Links

また、新型コロナ情報をSNSで拡散する人が中にはいます。デマの情報を流す人がいます。無責任なデマの拡散には注意が必要です。

マスク 不織布マスク 50枚入り 使い捨てマスク フリーサイズ 大人用

まとめ

台湾政府は20年2月4日、台湾は中国の浙江省に住む中国人の入境禁止を発表しました。

政府もこれ以上の拡大を防ぐ対策をしてくれているようです。

今後のニュースやSNSでのデマには注意しましょう。

  • 2月5日時点では台湾でコロナウイルス感染者は11人。

まだ毎日のようにニュースで感染者が増え続けています。早くコロナウイルスが落ち着いてくれることを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました!

こんな記事もおすすめ